家電製品

オーディオの話 SONY MDR-Z7

こんにちは!

かなり久しぶりになりますが、オーディオの話をさせて頂きます。

今回はSONYのヘッドホン

MDR-Z7

です。

まずは慣らしから

SONYのHPより引用

まずは200時間ほど慣らしをしました。

オーディオ製品は、部品の慣らし運転(^_^)をするのがヘビーユーザーの間では

常識なのです。

なぜかと言えば・・・

車の慣らし運転と似てますが、例えば今回の【MDR-Z7】はヘッドホンですので、音を出す

部品があります。

これが振動をするので、この振動で素材が音に慣れるまで音を鳴らすのです。

一般的に【エージング】と呼ばれる行為です。

慣らしが終わったら、いよいよ本格的にリスニングです!

その前に再生機のご紹介

SONYのHPよりから引用

音を再生するのは

SONY NW-W1MA

です。

接続は【バランス接続】で行いました。

インスト音源から

【柏木 広樹】

TODAY for TOMORROW

を聞きました。

moraより引用

音楽ダウンロードサイト

mora

よりのハイレゾ版【FLAC|96.0kHz/24bit 】

をダウンロードして聞きました。

まず1曲目の

【TODAY for TOMORROW】

出だしの「キラキラ」した音色からのチェロの音。

うっとり~~~(*^_^*)

SONYらしい「キレのいい高音」と「響き聞かせる中低音」が耳を覆い尽くす。

良い感じです!!!

ボーカル音源を聞いてみました

次に【スキマスイッチ】の

新空間アルゴリズム

moraより引用

ハイレゾ版【FLAC|48.0kHz/24bit】です。

6曲目の

【未来花】を聞いての感想です。

ピアノの粒立ちの良い音色から、ボーカルへと移りゆくこの歌。

ピアノとボーカルの良いところを聞かせる感じで、自然に聞けて良かったです。

【バランス接続】か【アンバランス接続】か?

バランス接続とアンバランス接続に関して言えば、この機種について言えば

バランス接続の方が聞きやすかったです。

装置構成(バランスはSONY、アンバランスはDENON)から言えば

アンバランス接続の方がセッティングが出づらいのかな?といった感じでした。

まとめ

今回は【SONY MDR-Z7】をご紹介致しました。

実売価格は5万円前後で高額ですが、音楽をじっくり楽しみたい方には

オススメしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。