カメラ

カメラと写真の話 SONY α6300 ILCE-6300

こんにちは!

今日は

【SONY α6300】 (ILCE-6300)

のお話をさせて頂きます。

このブログは「2019年5月15日」にアメブロに掲載したものを

加筆したものです。

APS-Cのα6300

SONYのデジタルカメラは

【DSC-RX100Ⅲ】

を使用していました。

今回、初のSONYのαシリーズになります。

但し、フルサイズでは無く【APS-C】フォーマットのαです。

なぜ【APS-C】フォーマットかと言いますと

私がただ【APS-C】の画角が好きだからです。

ちなみにNIKONもD500を使ってます。

購入前の印象

RX100MⅢを使っていたので、SONYの画の印象はとても良かったです。

ですので、α6300も期待大です(*^_^*)

価格はα6500の半額くらい(購入当時)でお値打ち感がありました。

ファーストインプレッション

まず操作性です。

RX100MⅢに似ていて、使いやすいです。

特に露出補正のしやすさが気に入りました。

ファインダーは有機ELでとても見やすいです。

水準器などもスグに表示出来き、また必要情報は【DISP】ボタンを押せば

色々と変わるので、撮影シーンに応じて見たい情報が見られます。

(この辺りの機能は、最近はどこのメーカーも変わりないかな?)

私はミラーレス一眼でもほとんどファインダーを使用して撮影しますので

ファインダーの善し悪しはとても重要なのです。

撮影画像

では、実際に撮影した画像をご覧頂きながら、レビューしたいと思います。

160/1秒 F4 ISO-1250(単露光)

暗い被写体ですが、ノイズがうまく処理させています。

1/60秒 F2.8 ISO-2000(単露光)

高感度ながら、ノイズが目立てない画となってます。

1/125秒 F4 ISO-640(多重露光)

α6300はISO感度設定で「多重露光」設定があり、3回露光の後、画像を合成する

機能があります。

速写性能は劣りますが、ノイズ低減に役立ってます。

1/640秒 F8 ISO-100(単露光)

明るい被写体。色調は濃くなく、派手さは押さえられている。

1/250秒 F8 ISO-100(単露光)

朝日に照らせた被写体。

先ほどの真昼の写真と違い、朝日の色合いが表現されている。

まとめ

一眼レフはNikonを使っていますが、画の作りにさほどの違いは感じません。

ですので、α6300も違和感なく使えます。

ただ、ミラーレスはラフに撮る事も多く(大抵はファインダーを使います)

画が雑になってしまう事もあります。これは私の使い方の問題です。

今後の課題として、撮影の際は気をつけたいと思います。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。