家電製品

分解しました! dyson pure cool(ダイソン ピュア クール)

こんにちは!

前回は、dysonの扇風機のフィルター無しモデル【dyson cool】を分解清掃しました。

分解しました!dyson cool(ダイソンクール)こんにちは。 今まで無料サイトのブログを利用していましたが、自分のサイトを作ってみました。 よろしくお願いします! 今回は、 dyso...

今回は【dyson pure cool】です!

【dyson pure cool】は空気清浄フィルター付きモデルですが、こちらも異音で2回交換(うち1回は有償交換)したものです。

が、しかし、ある風速以上にすると【異音】がするようになりました(-_-)

という事で分解してみました!

このブログは「2019年4月25日」にアメブロに掲載したものを加筆修正したものです。

【必読】分解する前の注意点

前回からの繰り返しになりますが、

分解はある程度のスキルを持った方が、

自己責任で行うものです

分解作業に自信の無い方は

決して手を出さないで下さい!!!

危険を伴う作業ですので、慎重にお願い致します。

説明が終わったところで、分解開始です!

手順①パーツを外す

分解前の状態です。

まず電源を抜いてから、風が出る筒の部分を外します。

次に【空気清浄フィルター】を外します。

手順②「わく」を外す

空気清浄フィルターを外してしまえば、前回の【dyson cool】とほぼ同じです。

赤丸のネジを外します。

次にネジの付いた「わく」を外します。

ゴムが付いているので、それを外してからでもいいですが、ゴムと本体の間の「556」のような潤滑剤を吹くと外しやすいです。

このように「わく」が外れます。

手順③フィンのカバーを外す

次に「フィンのカバー」を外します。

赤丸の4つのネジを外します。

このように外れます。

フィンが現れました!

「dyson cool」と違い、意外と綺麗でした。

分解手順④フィンを外す

次に「フィン」を外します。

赤丸の4つのネジを外します。

モーターの出現です!(^_^)

ぷーなな
ぷーなな
今回はちゃんと裏のファンの写真もあります!(^_^)

分解手順⑤パーツを掃除する

ここまでバラしての印象は

「ほとんどホコリが無い」

でした。

モーターの底の部分も

空気清浄フィルターのお陰ですね~!

前回同様、各部掃除機で少ないホコリを吸引します。

分解手順⑥潤滑油を添付する

清掃のみの方は、この手順は飛ばして下さい。

ファンを外すと・・・(ファンのネジはネジロック材が塗ってありました)

左がモーター部分です。

ここでモーターの軸部分に潤滑油を添付します。

潤滑油の添付は、モノによっては発煙、発火の恐れがあります。

耐熱、耐火、耐電用の潤滑油をご使用下さい!!!

私のおすすめの潤滑油は【Microlon】です。

かなりお高いですが、自動車のエンジンオイル添加剤で有名な【Microlon】の潤滑油です。

耐熱、耐火、耐圧はもちろん、傷んだモータの軸受けなども
トリートメント!

・・・してくれるハズです。

手順⑦取り付けて完了

外したパーツを組み付けて、コンセントを挿してテスト運転をします。

コンセント再投入直後は風量【10】で運転するので注意して下さい。

それと、Microlon潤滑油独特のにおいがしますので、換気にはご注意下さい。

動作が確認出来たら終了です!

まとめ

風量「6」を超えると【異音】がしていたのですが、

これで収まりました!!!

いかがでしたか?

値段の高い【dyson pure cool】も、単純な部品構成で、拍子抜けでした(^^;)

皆様も安全第一で分解ライフを楽しんで下さい!!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。