家電製品

分解しました! dyson エアマルチプライア- AM01

こんにちは。

またバラしました(^_^;)

dyson エアマルチプライア- AM01です。

内部拝見

2012年5月に購入したAM01です。

購入から7年以上。

なんと!?

1度も故障がないんです!!!

ぷーなな
ぷーなな
めずらしい・・・

電源ボタンと回転ボタンと風量ボリュームの単純構成。

ぷーなな
ぷーなな
だからかな~

まずは上の吹き出しの【まる】の部分を外します。

と、先に進む前に。

いつもの事ですが・・・

分解は自己責任で!!!

機械オンチな人は【dyson】と話して下さい!!!

各部、相当の汚れです(>_<)

各部取り外し

最初に一番上の【カバー】を外します。

まずは外すネジの確認から。

赤丸のネジを外します。

ここでカバーが外れます。

その次にオレンジのネジを外します。

そうすると、モーター・ファンのセットがはずれます。

ここを外すのには、ちょっと力がいりました。

マイナスドライバーで本体との間をこじると、割れますので、

スマートフォンのバッテリー交換についてくる、プラスチックの

こじる工具があるといいです。

ファンの登場

外したモータユニットを裏返すと・・・

おー!!!

ぷーなな
ぷーなな
これはひどい~

ファンにホコリがびっしり!!!

どうりで風がほとんど出てこないわけです。

ファンを完全に露出させて、掃除しましょう!

青丸の4つのネジを外します。

そして

つめの部分に気をつけながら外します。

モーターの登場です!

それにしても、外したモーターのカバーもすっごく汚れています。

各部清掃

まずはファンから。

緑の棒が、先ほど言った【スマートフォンのバッテリー交換工具】です。

それを使ってファンのフィンを1つ1つこそいでいきます。

ぷーなな
ぷーなな
なんじゃこれは~

ファンだけでも、このホコリの塊が固着していました。

ファンを掃除機で吸っただけでは、取れません。

同様に、モーターのカバー・ファンの受けなども掃除します。

組み立て

まずはモーターの配線から。

ここを雑にすると、断線、故障につながります。

ぷーなな
ぷーなな
いつも通り細心の注意を~

配線のガイドにきちんと配線を入れましょう!

モーターカバーとの合わせも気をつけて下さい。

組み立ての際に、1つちょっと力が要る部分があります。

モーターユニットと本体の間に【ゴムシール】があります。

これがモーターユニットを外す時に厄介な部分でした。

組み立ての際は潤滑油。

【556】とかをちょっと吹いておくと、スッと入ります(^^)/

組み立てたら、試運転をしましょう。

最初はホコリが出てくるので、マスクをするか、屋外で運転しましょう。

ここの部分にホコリを取るものがあれば・・・

とそこで私は

エアコンのホコリ取りの使い捨てフィルターを巻いてみました!

ぷーなな
ぷーなな
苦肉の策

これで、もう少し使えると・・・

いいなー(^_^;)

まとめ

dysonのフィルターが付いてない機種は、同じように汚れて、風が

出なくなり・・・

でした。

この機種をお使いの方々のご参照になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。